30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

子供にも優しい!蚊を撃退するベランダで栽培できるハーブ3選

f:id:soramame35:20170730180925j:image
嫌な季節がやって来ましたね、そう夏がやって来ます。といっても夏が嫌いなわけでなく一番嫌なのが『蚊』です。

これからの時期になると蚊を避けては過ごせないので我が家でも毎年頭を悩ませています。

特に子供を外で遊ばせたいのですが我が家のベランダは蚊地獄なので5分も庭にいたら数ヵ所はやられます。
せめてベランダで遊ばせたいと思うのですがそれでもやってくる蚊。なので去年からベランダで蚊を撃退してくれる植物を育てています。
いくつか育てていたのですが、本当に効くもの、二次利用ができるもの、楽しく育てられるものなどあったのでまとめていきます。

蚊撃退の王道「ゼラニウム」

妻からこのゼラニウムは虫除けに効果的だという話しを聞きました。実際育ててみて思いましたが、独特の香りがあるからでしょう。
バラのような香りがするので夏にかけて育てていても楽しめます。油の代わりとしても利用されています。
日光が好きで水も2~3日に一度たっぷりもあげればオッケーなので多少ずぼらな私でも育てやすいというメリットがあります。
背が高くなってきたらチョッキンして、水に挿すと根っこが生えてきます。それをまた土に入れれば増えていくので無限に育ちます。
ちなみに妻は赤いゼラニウムが大好きで、なぜかと聞いたら花言葉が『君ありて幸福』 なんですって。オシャレですね。

料理にも使える「バジル」

バジルは皆さんご存じですよね。わたしはバジルのパスタが大好きで、あの香りが大好きでイタリアンにいったら必ず注文します。
バジルのあの香りが蚊は苦手ということですが、ゼラニウムとは違い1日1回は必水をあげたほうがよく育ちます。
バジルは料理にも使えるのですが、アブラムシなど害虫に食べられることも多いです。そんな時は酢水をスプレーしてあげましょう。
我が家では定期的に摘んでピザにのっさけたり、大量に採れたときはミキサーにかけてオリジナルドレッシングにしています。

これがまたうまいんですよね!よくパスタにも使えるのでオススメの植物のひとつです!

枯れたあとがおいしい『レモングラス』

個人的には最も香りが好きなハーブです。本当にレモンの香りがするので柑橘系が好きな方にはオススメです。
レモングラスは風当たりのよさそうな場所で2~3日に水をあげればすくすく育っていくのであまり神経を使うことはないです。
そしてレモングラスは枯れた後がまた使えて、我が家ではその葉っぱを刈り取り乾燥させてハーブティーにしています。
来客時に自生のレモンハーブティーだよと出すとオシャレじゃないですか。
我が家ではHARIO (ハリオ) に入れて出すようにしてます。この一工夫が喜ばれますよね。

最後に

お陰さまで我が家の夏のベランダは蚊に刺されることがゼロではないですが、圧倒的に少なくはなりました。
子供がいないときはスプレーなど化学物質に頼りまくっていましたが、子供への影響を考えると自然なものを選ぶようになりました。
ハーブは長持ちするのがいいですし、ベランダに緑があると癒されます。

さらにレモングラスなどはそのままにしておいても今年も生えてきたので本当に強い植物だと思います。
我が家のようにベランダで子供を遊ばせたいご家庭にはぜひハーブ栽培にチャレンジしてもらいたいです。