30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

【実践】ブックオフとメルカリのメリット・デメリット


f:id:soramame35:20170721194121j:image

先日のブログでもお話ししましたが、わたくし、2017年4月、男35歳にして結婚してからコツコツ貯めてきた資金が0円になりました。

今年の春からは、1から資産作りをスタートさせることになりました。

とにかく資金作りのためは不要なものをリユース!リサイクル!

とにかくお金にするぞ~ι(`ロ´)ノ

ということで、早速僕ができることからはじめてみることにしました。

私の前の仕事は教育業だったので、職業柄本や参考書を使うことが多かったのでこれを処分しました。

精神的な物と一緒に処分できたらなんて強い気持ちで望みました(笑)

今回は本を売ろうと思ったのですが幸いにも同じ本が数種類あったので、ちょっと実験を。

王道の買取とフリマアプリってどんだけ価格違うのって。

この際どっちが良くてどっちが悪いかお互いのメリット・デメリットを実践した結果報告をします!

全く同じ商品をブックオフとメルカリで売ってみた

今回家にあった使わない本、いらなくなった本をざっとブックオフに持っていきました。

連休になるとものすごく買取りが混むので行けるのであれば平日がオススメです。行けなければ日中は避けて夕方か夜が良いです。

私はたまたま平日のお昼頃に行けたので20冊ほど持っていったのですが10分ほどで査定が終わりました。

ブックオフの査定金額は2000円。思ったよりも高かったので満足して売ってしまいました。

しかし、ブックオフでは買い取りの規定で同じ商品を2点以上書いとるのとができない。知らなかった…。

かぶっている本(漢字検定参考書・世界遺産検定参考書・声優本)をメルカリに挑戦することにしました。

メルカリのほうが高く売れるが送料を考えず失敗

ブックオフでは買い取り明細と、メルカリの商品検索を参考にメルカリで出品しました。

メルカリは商品の写真を撮って説明文を入れ出品といったかなりライトな流れなので思っていたほど難しくはなかったです。

そして何より驚いたのが、この三冊ともたった1週間のうちにすべて売ることができたということです。

しかもどれもブックオフよりも高い金額で売ることができました。

これはかなりの衝撃でした。

私の感覚ではこういうオークションサイトのようなものは買い手がつくまでにかなり時間がかかるイメージでした。

1週間で売れたことはすごい衝撃でした。しかし…値段をつけたときにしっかりと送料について調べてなかったので売価と送料がほぼ同じになってしまいました。

売れたもののブックオフよりも高く売ることができない本もありました。

最後に

ずぼらなサラリーマンからすれば安いとは言われますが即金で資金を作れるのはブックオフに軍配。

ただ、メルカリの出品までの時間が思った以上に簡単だったことと、以外と販売までの時間がかからないのが良いです。

反対にある一定の金額になるまでは現金還元して入金をしてもらえないのはネックです。

即金派はでコツコツじわじわやっていきたい人にとってはメリットありです。

送料をかならずチェックすることだと思います。そして同じ商品があるのであればその金額を参考にしてみると良いです。

ブックオフ、メルカリ、どちらも継続して資金を作っていきたいと思います。