30代からはじめるグッジョ部

30代から楽しくお金・仕事・生き方を考えていくブログ

長沢鯉のぼりを一足早く見に行ってきた


f:id:soramame35:20170716102717j:image

山梨県北杜市の道の駅『南きよさと』にある長沢鯉のぼりを見に行ってきました!毎年こどもの日に長沢鯉のぼり祭りがあり賑わいをみせます。

本格的なゴールデンウィーク前の週末でしたが2歳になる子供を連れてちょっと早く鯉のぼりを見に行ってきました。

約500匹の鯉のぼりに子供も大人も大興奮

私は今回長野方面から行ったので、長野から南下していったのですが、道端に大量の鯉のぼりが見えてきました。

大人から見てもすごい数で驚いたのですが、「うわぁーーー」と子供はさらに大興奮の様子でした。

道の駅に降りるとこれまたすごい量の鯉のぼり!町中で見る鯉のぼりの量とは訳が違うので、見ているだけでも圧巻です。

さらに天気もよかったので、風になびく数々の鯉のぼりが優雅に見えその姿にどこかパワーを感じました。

この時期には菜の花や芝桜、山の上には桜が満開に咲いておりどこから見ても楽しめる風景になっていました。

ちょっとした公園になっており2歳くらいの子供にとってちょうどよい滑り台などの遊具などもあり、子供は楽しそうに遊んでくれました。

道の駅を少し上るとケーブルカーがあります。そのケーブルカーに乗って山頂にいけば、花の森公園という場所があり、さらにお花が見えるます。

石窯手作りピザや農場体験もできるそうなのですが、あまりのケーブルカーの急勾配さに私と嫁さんはひびってしまい、「行きたい~」と訴える子供をなんとかなだめてその場を後にしました。

おやつは信玄餅を使った元祖信玄餅ソフトクリーム


f:id:soramame35:20170716102751j:image

子供が機嫌を損ねてしまいそうだったので、直売所にあった信玄餅ソフトを頂きました。

山梨県の代表格のお土産『信玄餅』。きな粉をまぶしたお餅に黒蜜をかけて食べる銘菓なのですが、ここではその信玄餅をのせた『信玄餅ソフト』が売っていました。

普段はアイス等あまり食べないのですが、さすがに美味しそうだったので家族で一ついただきました。

ソフトクリームときな粉餅、そして黒蜜の相性もよく子供と3人でペロリといただいてしまいました。信玄餅ソフト発祥の地と書いてあったので本場の味を楽しむことができました。

道の駅なので地元の野菜や名産もお土産でたくさん売っていました。私がいった春にはふきのとうやわらびなどの山菜がたくさん並んでいました。

天ぷらにしたら美味しいんだろうなぁ~などと考えながらまたお腹がすいてしまったので道の駅をあとにしました。

最後に

長沢鯉のぼりは長野県の地元の方のみならず、山梨県の方にとっても有名な場所でさらにこどもの日のイベント時にはかなり混雑します。

私がいったのはゴールデンウィーク前だったのですが、それでもまぁまぁの人がいて賑わっていました。

次回来るときには子供とケーブルカーに挑戦してみようと思います。

子供がいなければいかない場所でも大人になってチャレンジできるいい機会なのかもしれませんね。